五大シャトーってどんなお酒?

公開日: 

五大シャト―のお酒にていてのおすすめサイトはこちら>>> 五大シャトー 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

ワイン初心者が5大シャトーから知った情熱
ワインは様々な国で作られています。生産量的に多いのは、イタリア、フランス、スペイン、アメリカのあたりでしょうか。前の三カ国は比較的近い位置にありますが、アメリカは大陸が違いますから、意外な気はします。
さて、この程度の知識しか持ち合わせてない私でも知っているのが、5大シャトーという言葉です。最初に聞いたときは、これがワインに関する単語とすらわかりませんでした。今はもちろんわかりますよ。これは、ボルドー5大シャトーのこと。そしてボルドーとは、フランスの地方の名です。
この5大シャトーとは、パリ万国博覧会のメドック地区の格付けで「第一級」の称号を与えられたシャトーです。シャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥール、シャトー・オー・ブリオン、それと、シャトー・ムートン・ロートシルト。それぞれ代表するワインは、シャトーの名に同じですよね。もちろん、それ以外にもありますが。
ワインを飲み始めたとき、これらの情報は、私を大いに混乱させました。ワインの銘柄とシャトーの名前、はてはぶどう畑の名前が同じだなんて。だって、日本では畑にまで名前ってついていないじゃないですか。しかもフランスにはボルドー以外でもワインを作っていますし、そんなにワインが好きなのか、と思いすらしました。
そんなわけで、5大シャトーは初心者の私にとって、フランス人のワインに対する情熱を知らしめてくれたものでもあるのです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑