気になる?知ってる?ドンペリの種類

公開日: 

ドンペリ4種類の最安値ショップがわかる>>> ドンペリ4種類 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

ドンペリといえば、一番メジャーなのは、白と呼ばれるものですね。有名といいつつ、痔熟成期間は一番短い7年です。
これって、生まれた子が小学校に上がってしまう年月なんですよね……と、親戚の子を見ていて、ふと思いました。
他にももちろん、ドンペリの種類はありますよ。たとえばよくドラマのクラブ場面などに出てくるピンドンは、ピンク色のロゼのことです。
皇帝の意味を持つエノテークなんてものもありますし、そのエノテークに「プラチナ」なんていかにも高級そうなワードが加わった、
ドンペリニヨン・エノテーク・プラチナもあります。これらを見ていると、いったい誰がこんなにすごい名前をつけているのかしら、と考えてしまいますね。
でもこれらのドンペリの種類が揃っているところは、一般人である私には、見られるものではありません。
実物はもちろんのこと、メニューなどでも、です。だってこういう高級なお酒って、どうしても贈り物ってイメージがありますよね?
親戚の叔父は還暦祝いで、銘酒を貰ったと言っていましたから、洋酒好きならこうしたワインになるのでしょう。
そんなときこそ、ドンペリの種類について考える、いいタイミングかもしれません。
ただ、はっきり言って、どれも高価です。一番お手頃な白でも1万5千円ほど。エノテークは様々ですが、桁が違うものがほとんどです。
そうなると、よっぽどの祝い事でない限り、ドンペリの種類を気にする余裕はないかもしれませんね。残念です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑